発掘オールディーズPART2

主にB面で発表された曲やカバー曲の中から名曲を撰んでみました。

ルシール (ルシヤ)/ リトル・リチャード

「ルシール (Lucille)」は、リトル・リチャードがオリジナル録音をした1957年のロックンロールの楽曲です。。

 

f:id:rockinhero:20210414090955j:plain



ロックのスタンダード曲となり、数多くのアーティストたちによってカバーされています。


作者はアルバート・コリンズ とリトル・リチャードですが、このアルバート・コリンズは、同名のブルース・ギタリストとは別人である。


スペシャルティが最初にプレスした78回転盤では、コリンズの名だけが作者としてクレジットされていた。


リトル・リチャードは、コリンズがルイジアナ州立刑務所で服役していたときに、この曲の権利の半分を買い取った。


この曲は、デイヴ・マーシュが選んだ「史上最も偉大なシングル1001 (The 1001 Greatest Singles Ever Made)」において第670位とされています。


日本語では、「ルシア」、「ルシヤ」、「ルシル」などの表記で言及されることがあります。


日本では平尾昌彰が「ルシア」の題名でカバーしています。

 


♪リトル・リチャード(オリジナル盤)

よろしければ読者登録お願いします。読者登録お願いします。

 ◇アーティスト伝説/リトル・リチャード


リトル・リチャード(Little Richard、1932年12月5日〜 2020年5月9日)は、アメリカ合衆国の歌手。ロックンロールの創始者の一人です。


本名はリチャード・ウェイン・ペニマン(Richard Wayne Penniman)。


ピアノやギターなどもこなし、ロックンロールの創始者と呼ばれていた


チャック・ベリーファッツ・ドミノらと共に、ロックンロールの草分け的なミュージシャンとして知られている。


リトル・リチャードに影響を受けたとされるミュージシャンには、ポール・マッカートニー、プリンスらがいる。


ちなみにポール・マッカートニーはヴォーカル・スタイルにおいて強い影響を受けている。


またリトル・リチャードのスタイルに多大な影響を与えたミュージシャンにエスケリータが居る。


「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第12位になっています。


代表曲には、「ロング・トール・サリー」「トゥッティ・フルッティ」「Lucille」などがあげられます。。

中でも「ロング・トール・サリー」はビートルズもカバーしています。


リトル・リチャードは、2020年5月9日に、死去したことが伝えられました。

 

 

f:id:rockinhero:20210329155049j:plain

よろしければ読者登録お願いします。読者登録お願いします。